スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考錯誤??

気持ちの良い秋晴れ十月九日でございます。

ハードワーク、パート1が少し落ち着き明日からのパート2に向けて早めの帰宅

明日の準備をしながら久しぶりにブログを覗くと

お仲間さん達がバイクジャッキで悪戦苦闘

皆さんハーレーを心から愛している方たち私の拙い知識でも参考になれば。


(鋼材の種類)・・・カッコ内の呼び方は画像に写っている鋼材の商品名です
左から Cチャンネル(ダクター) アングル(フリーアングル) チャンネル(最強です)

鋼材.jpg

推奨)滑り止めゴムシート  厚みが10mmと3mm使い易い方で良いと思います
 :耐油では無いのでブレーキフルードの付着注意(溶けます)

ゴムシート.jpg

試作機1号ジャッキ(失敗作)シングルジャッキで作ったのでアップするとグラッと来て
スリルを求めるメンテがお好きな方限定です。

1号.jpg

バイクジャッキは同等のパンタグラフジャッキ2連結で作るのが最良かと思います。

(私の使っているリーズナブルなバイクジャッキ実用編)

1:まず片手でバイクを正立、片足でジャッキをフレーム下に押し込む。

正立.jpg
:自分のバイクのフレーム下になにが有るかチェックして下さい。
まず無いと思いますが、ブレーキラインやオイルライン挟み込まないように


2:サイドスタンドは出したままにしましょう、ジャッキアップ(落ち着くまでは手を添 
    えて安全確保)

アップ.jpg

3:フレーム前方にジャッキを入れてアップすればフロントが浮きます
  (フロントタイヤその他メンテ出来ますよ)

フロント.jpg

4:フレーム後方でジャッキアップ(リアータイヤ浮きます)

ラチェットはハンドル長い方が楽に上げられます(短いと重いかも・・)リアー.jpg

5:ローダウンバイクに私の使っているジャッキを入れる時には後輪を浮かせます。
  チェッカープレート(滑り止め付き鉄板)など強度の有る物で坂を作り浮かせます。

後輪アップ.jpg
この方法だと私のFXEFは正立させなくてもすんなりとジャッキ入ります。
注:後輪を坂に上げたら車止め入れましょう
気を許すとズルッとバイク下がって金○チジミ上がる程怖い思いします。


皆さんくれぐれも安全第一色々と安全策をとった上で

自己責任&試行錯誤でハーレーいじり楽しんで下さい

明日からパートツー、ハードワーク楽しむぞ~(楽しめる訳有りません

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kunifxef80

Author:kunifxef80
乗り続けて居るFXEF80(FAT BOB)
夫婦タンデムで走り続ける、人生是幸せ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。