スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ・・・東北へ行こう!(大潟BEATS Camp~青森 大間崎編)

豆雨、八月三十日でございます。

秋雨前線居座りますね~~天高く秋晴れの空、待ち遠しいです。

早めに起床、出発して青森~津軽半島経由~下北半島大間崎まで走る予定は

楽しく盛り上がった前日の酒宴のため見事に挫折。

起床七時過ぎ、出発は九時になろうかという時間にBEATA Campを後に走り出す

会場を出てすぐの県道42号線

DSCN0536.jpg

とにかくまっすぐな道、大好きな道!まっすぐ走りR7号へ
DSCN0540.jpg

昨日の集中豪雨の中を走ったときと違い出発時からお天気、青空

それはそれはテンション上がりっ放しの脳天気単純なオイラ。

R7号線をひたすら気持ちよく走る

DSCN0570.jpg

R7号終点青森到着、昼前の程よい時間だったので昼食は青森魚菜センターへ
DSCN0576.jpg


チケットを購入、市場の中で自由におかずをチョイスして
DSCN0578.jpg

色合いなんて関係なし、食いたいものをのっける(のっけ丼)完成
DSCN0582.jpg

海鮮物の中では超地味な〆鯖こいつがとても良い仕事のようで、ものすごく美味い。

走る予定が無ければ〆鯖を肴に酒呑んでますね。

腹いっぱいになりR280目指すは竜飛岬、津軽半島ひた走り

DSCN0583.jpg

平舘海峡なのか津軽海峡なのか良くわからない景色のところで竜飛岬まで走ると

日没までに大間崎にたどり着かないと気がつく間抜けなオイラ
DSCN0588.jpg

陸奥湾フェリーに電話を入れ便の確認をすると15時30分発蟹田発下北半島脇野沢行きの最終便が

8月16日(日)まであるとの事、えっえっえっ!・・・16日って今日じゃん、 速攻予約

少し先にレトロなスタンドを見つけたので給油(給油器)もかなりレトロ、手回しではなかったが

DSCN0584.jpg

来た道を引き返し蟹田湾へ(竜飛岬 断念) 蟹田湾到着フェリーにバイク積み込む
DSCN0610.jpg

小一時間ほどのワープタイムで下北半島脇野沢到着
DSCN0661.jpg

地図を見て少し嫌な予感がしたR338 バリバリのワイディングロード

荷物満載、タンデムのFX系ハーレーはマフラーガリガリ時々火花

DSCN0677.jpg

日没前到着目指してひたすら走る
DSCN0690.jpg

名所、仏ヶ浦なんぞは観光する余裕も無く走る(街路灯など一切無く)日が落ちればかなりつらい。

日もだいぶ傾いてきました

DSCN0703.jpg

実は今回も(昨年も秋田行きの時)出発してすぐにメータードライブユニットぶっ壊れ走行距離は感頼り

青い道路案内板でもうすぐだと安堵する

DSCN0714.jpg

大間に入り旧盆最後の週のお祭りなぞに遭遇し(日本の良き原風景)を感じ
DSCN0715.jpg

日没着前、大間崎到着(モニュメント)と一緒に
DSCN0721.jpg

なるほど、本州最北端とな・・・
DSCN0727.jpg

曇りのお天気故北海道は見えず・・・残念

大間崎テントサイトに設営完了した頃には日も落ち夜となるギリセーフ。

何も買出ししていなかったので夕食をと歩くがほとんどの店が18時で営業終了&旧盆最後の日曜日でお休み

設営時にすぐ横のお店のおばちゃんが声をかけてくれたのを思い出し行って見ると閉店作業中

食事がしたいと申し出るとラッキーにも有る物でよければお任せ大サービスしてくれるとの事。

出てきたものは鮪料理色々

DSCN0735.jpg

酒の肴にと出してくれた鮪串焼き
DSCN0736.jpg

お食事代はは多分今回の旅で一番リーズナブル、感謝、感謝でございます。

朝起きたらコーヒー飲みにおいでと声をかけてもらい、お休みなさいとご挨拶してテントに戻り

お腹いっぱい、芝のフカフカベッドでグッスリ就寝の良き一日でございました。


さて、次回はしつこいですが大間崎から恐山編へ続きます・・・・では、では、


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kunifxef80

Author:kunifxef80
乗り続けて居るFXEF80(FAT BOB)
夫婦タンデムで走り続ける、人生是幸せ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。